• 日よけ・外装材 金属製フラクタル 金属でつくる心地よいスペース
ABOUT フラクタルとは

フラクタルとは自然界が長い年月をかけてつくりだした構造で、葉脈の模様、樹木の枝分かれ等、
図形の部分と全体が自己相似になっている幾何学の概念です。
フラクタル構造を用いてつくりだした「金属製フラクタル」は放熱効果が高く、
周囲の気温に対して日よけ自体の温度が極端に上がらないのが特徴で、
かつ、明るさを確保しつつ、暑さを感じる赤外線の放射量を低下させる効果があります。
さらに、強風がフラクタルを通過するとフラクタル構造により、そよ風程度になる減風効果も兼ね揃えています。
これらの性能は電気などのエネルギーを使わずに設置するだけで、その効果が得られ、
様々な分野で活躍できる可能性を持っています。
都市部のヒートアイランド現象や温暖化が世界共通の課題となり、
気候変動による大型台風の発生など異常気象によって引き起こされる人や住環境、
生態系への影響が顕著になってきている現在、
「金属製フラクタル」が持つこれらの性能で、
「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献していきたいと考えています。

※本製品は京都大学大学院人間・環境学研究科教授 酒井敏氏および
株式会社ロスフィーの特許を実施し、株式会社オズ・ワークが商品化しました。